So-net無料ブログ作成
検索選択

どうしたかな?あの本 [本]

今朝、ふと、そう言えばあの本どうしたかな?

と思い、本棚を眺めた。
(犬通りの本棚とは違う本棚ね)

あったあった。[わーい(嬉しい顔)]

まだ、マリアを迎える2、3年前に購入した本。

P9130600.JPG

『あの本』というのは、真ん中の

[本] 植村直己と氷原の犬アンナ
作者:関 朝之
出版:ハート出版
価格:1200円+税

この本を購入したのは、2、3年前、雪山登山に興味を持ったから。

内容は、忘れてしまいましたが
故:植村直己さんと、犬ゾリ隊のリーダー犬アンナへの葛藤と愛情のお話。
確か、
犬達と北極圏12000キロ単独横断をするのですが
最初は、犬達を道具のような扱いをしていた植村直己さん。
冒険を通じてどんどん愛情が芽生えて行くお話だったような。

思いおこせば、中学生だった頃は
けっこう悪ガキ(お恥ずかしい)だったのですが
何故か、植村直己さん好きだったな〜。


ついでに、同じ時期に購入した本等もひっぱりだしてみました。

左は、

[本] 植村直己、挑戦を語る
編者:文藝春秋
発行者:浅見雅男
発行:文藝春秋
価格:800円+税

右は、

[CD] 北壁に舞う
販売元:コロムビアミュージックエンターテインメント
価格:4935円(税込)

このDVDは、故:長谷川恒男さんがグランドジョラスに
冬期単独登頂に挑んだ記録。
なんと、絶壁にある小さな棚にテント張りながら生活するのには
ビックリ[がく~(落胆した顔)]
単独登頂っていうのは、団体で登るのとはちがい
ある位置まで登っては、元位置まで下り、
また登ってはと繰り返し登るらしいです。

それは、どうしてかと言いますと、

ある位置まで登って荷を上げる為の楔を打ってロープを通し
又、元に下がり荷を取りに行くのです。
元位置の戻ると荷を先に上げてからまた登ります。
すごいですね。


雪山への興味は憧れだけで終わってしまいました。[ふらふら]
夏山でさえ、登山したことありません。


だって、私、極度の高所恐怖症ですもん。[もうやだ~(悲しい顔)]


人間の心理って不思議ですね。(←うまくまとめているつもり)

でも、『植村直己と氷原の犬アンナ』は
もう一度読むつもりです。

マリア・リリアと暮らしてきた中で、
改めて読むと
新たな発見ができるのではないかなと思ったからです。[わーい(嬉しい顔)]












タグ:
メッセージを送る